ストレスを排除する方法。(ストレスには3種類あります。)

カズタカです。
毎日色々なことが起きますよね。

働いている人も、学校通っている人も、子供の世話、介護している人も病気している人も。

嫌なことが大半かもしれません、

言葉を変えると、毎日何らかのストレスを受けているとも言えますよね。
このストレスという単語ですが、心理学的観点から、複数に分類分けできるのです。

これから紹介します。
目次をみてください。

✔もくじ

3種類に分類分けできます。
ひとつひとつ概要を説明します。

1.急性ストレス

Acute stress、日本語に訳すると急性ストレス。
急性ストレスは最も一般的なストレスです。
それは直近の要求と圧力、そして近い将来の予想される要求と圧力から来ていると考えられます。
ます。急性ストレスは量で例えると少量ですが、過度に体に受け過ぎると疲れます。例えば、冬のスポーツであるスノボーは、短時間だと爽快ですが、限界を超えてやり卓と転倒や骨折を招く可能性があります。同様に、短期間のストレスをやり過ぎると、心理的苦痛、緊張性頭痛、胃のむかつきなどの症状を引き起こすことがあります。
急性ストレス症状はほとんどの人が体感します。重要な契約の喪失、急ぎの納期、学校での子供の時々の問題など。
それは短期間なので、急性ストレスは後で出てきますが、長期ストレスのような広範囲に損害を与える時間がありません。最も一般的な症状は以下のとおりです。
・感情的苦痛
・緊張性頭痛、靭帯の問題につながる筋肉など
の緊張などの筋肉の問題。
・胸やけ、、鼓腸、下痢など
・一過性の過剰興奮
急性ストレスは誰にでも発生する可能性がありますが、ある意味管理可能と考えられます。

2.突発性急性ストレス

突発性急性ストレスに苦しむ人々がいます。
過度に興奮し、短気で、いらいらし、不安で、そして緊張していて多くの場合、彼らは自分自身を「たくさんの神経質なエネルギーを持っている」と表現さえすると言われます。

彼らは突然発症する傾向があり、時には彼らの過敏性が敵意となり、対人関係は急速に悪化します。仕事をしている人だと、所属する職場は非常にストレスの多い場所になります。

心臓専門医によって説明されている「タイプA」の性格は、一時的な急性ストレスの極端な例に似ており、タイプAは、「過度の競争力、攻撃性、焦り、そして切迫した時間の切迫感」を持っている人です。

それに加えて、常に根深い不安があります。当該医師は、タイプAが冠状動脈熱疾患を発症する可能性がはるかに高いこともを発見しています。
偶発的な急性ストレスのもう一つの形は絶え間ない心配から来てしまうことです。
あらゆる状況で悲観的に大災害を予測します。
これらのいわゆる「ひどいもの」に対して興奮して緊張し過ぎる傾向があります。

その他の症状は、持続性の緊張性頭痛など
偶発的な急性ストレスを治療するには、一般的に専門家の助力を必要とするレベルでの介入が必要であり、それには何ヶ月もかかると言われます。

3.慢性的なストレス

慢性ストレスは年々、人々を日々磨耗させる研削応力です。 慢性的なストレスは体、心、そして生命を破壊します。 それは長期的な損耗を通して大混乱を引き起こします。 つまりは貧困のストレスとも言えます。

慢性的なストレスは、今の悲惨な状況から抜け出す道筋が見えないときに起こります。 それは、一見すると絶え間ない期間に対する圧力のストレスです。
希望が持てなくなりく、個人は解決策を探すのをあきらめます。

いくつかの慢性的なストレスは、内在化し、永遠に痛みを伴い、そして存在し続けるトラウマ的な幼児期の経験から生じると言われています。
またいくつかの経験は人格に深く影響を与えます。世界観、または信念体系が生み出され、それは個人に果てしないストレスを引き起こします

回復には積極的な自己診断が必要です。

慢性的なストレスの最悪の側面は、人々がそれに慣れることです。そのため慢性的なストレスをいわば無視するようになると言われています。
慢性的なストレスは、肉体的および精神的資源は長期的な消耗によって枯渇するので、治療が難しく、行動療法やストレス管理と同様に長期にわたる治療を必要とするかもしれません。

Acute stress、Episodic acute stress、Chronic stress
引用:American Psychological Association、Stress: The different kinds of stress

4.まとめ

皆さん簡単にストレスと言いますが、結構深刻度の高いものもあります。
自信の性格も大きいですが、はっきり言いまして、ストレスを感じないというのはあり得ないですよね。
大勢の人に囲まれたら、”うざい”と思うのに、では、一人のぽっちの環境にさせられると、今度は、”さみしい”、、とストレスが湧き出てくると想像できますよね?

ストレスはどうしても感じてしまうと思うので、あとは皆さん自信の方法で、受け流すしかないと思います。
因みに私の場合は、ストレスに立ち向かうのではなく、ストレス排除を諦めるという開き直り意識を実践しています。こうすると、今感じているストレスが軽く感じられますよ。

ではこのへんで。

コメントを残す

*