「小学校プログラミング教育の手引」が改訂(第二版)されたので解説します

2020年からはじまるプログラミング教育で、手引きが改訂されたみたいだけど、どう変わったの

こんな疑問にお答えします。

では目次です。

✔もくじ

この記事を書いている私は、大学卒業後今までプログラマーからはじまり、運用の仕事まで行ってきました。その中で研修の講師経験もある私が解説します。

1.そもそもプログラミング教育て何?

簡単に1行でいうと、小学生の子供たちに、ITに興味を持ってもらうこと、それから論理的思考を養ってもらうことです。詳細は次の記事を読んで下さい。

プログラミング教室サイトリンク

今回は、改訂の内容から現場の声を繁栄させたものになります。

2.プログラミング教育の改訂内容

まず改訂のきっかけとしては、現場で先行的にプログラミング教育に取り組む学校や教育委員会が増えてきているので、もう少し説明を加える必要があるのと、事例も追加して分かりやすくするということです。

では実際の改訂の内容です。

  1. 教育課程内で各教科等とは別に実施するものについてのねらいの明確化。
  2. ⇒C分類と呼ばれている内容で、「プログラミング的思考の育成」や「プログラムの働きやよさへの気付きがねらいですよとはっきり示しました。(いままでは少しあいまいな表現だった?)

  3. 上記内容について各学校の創意工夫により実施することが考えられる取組例を提示しました。(例えばこういうことですよという例)
  4. ⇒以下のとおりです。

    ・プログラミングの楽しさや面白さ、達成感などを味わえる題材などでプログラミングを体験する取組
    ・各教科等におけるプログラミングに関する学習活動の実施に先立って、プログラミング言語やプログラミングの技能の基礎についての学習を 実施する取組
    ・各教科等の学習と関連させた具体的な課題を設定する取組

    引用:文部科学省 「小学校プログラミング教育の手引」の改訂(第二版)について

  5. 総合的な学習の時間(A分類)の追加
  6. そもそもA分類とは学習指導要領に示されている単元等で実施するものです。今回次の例を追加しています。

    ・まちの魅力と情報技術

    ・情報技術を生かした生産や人の手によるものづくり

    引用:文部科学省 「小学校プログラミング教育の手引」の改訂(第二版)について

  7. 学習指導要領に例が記されていないですが、学習指導要領に示される「各教科等」の内容を指導する中で実施するもの(B分類)
  8. ・都道府県の特徴を組み合わせて47都道府県を見付けるプログラムの活用を通して、その名称と位置を学習する場面

    ・自動炊飯器に組み込まれているプログラムを考える活動を通して、炊飯について学習する場面

    引用:文部科学省 「小学校プログラミング教育の手引」の改訂(第二版)について

具体例な例で示されています。自動炊飯器という身近な例は、イメージしやすいです。その他にもエアコンもイメージしやすいと思います。

3.まとめ

今回指導例の追加を行い、現場の教師が指導する際の参考となる内容でした。

裏を返せば、2020年度スタートとしながらも、学校(教育委員会)再度で試行錯誤が繰り返されているということが予想されます。

私の想いとしては、子供たちにまず、ITに対し、「面白そう」といった良いイメージもしくは興味を示す指導メニューを考えてほしいです。

具体的には、今回の自動炊飯器といった普段目にする機械のしくみを伝える試みは大変良いと思いました。

普段の算数や国語等の授業で大変な思いをしている子供たちに、プログラミング授業の時間でリラックスできるような、詰込みではない内容にしてほしいと個人的に思います。

ではこのへんで

コメント

コメントを残す

*