寝る前はビールがいいの?残業疲れを癒すには青汁がおすすめ

【2019年3月28日更新】
カズタカです。

さて皆さん、こんな日々を送っていませんか?

残業して仕事を終わらせ会社を出たら、太陽ではなく、まんまるお月さまが夜道を照らしています。時計を見れば夜の23時。
月光が夜道を照らしているなか、とぼとぼ駅に向かい電車に乗る。
すると、社内で酔客が4人大きな声でしゃべっている。
「うざい。。こちとら今まで仕事だよ。」と、愚痴が出ますよね。
家に着いたのが0時半。
「うわー明日もいつ通り6時半に起きなければ」
急いでコンビニ弁当を平らげ、風呂にザブン!
髪の毛乾かしたら夜中1時になりました。
いつも1時半に寝るので、睡眠時間は約5時間。
睡眠時間が短いのは自覚しているけど、でも寝るまでの貴重な30分楽しみたい。
そこで風呂上りの缶ビールになります。
しかし最近、なんか朝がシンドイんだよね。。。。

といった日々社会人あるあるではないですか?
自分の場合は夜は2時頃に寝て、朝6時に起きてました。
なぜなら寝るのが勿体なかったからです。

そんな話はさておき、そもそもですが寝る前ビールて良いのか悪いのかからちょっとお話します。

✔もくじ

1.寝る前、ビールを飲んでも良い?

これは諸説ありますが、飲むとすぐ寝れるけど、途中で起きるもしくは眠りが浅くなるといわれており、自分も体感上そのとおりだと思います。
ただこれもそもそも酒に強い人弱い人がいるので、缶ビール2、3本ぐらいではびくともしないという人もいれば、缶ビール半分でもうだめという人がいます。
つまり人それぞれで、全員が寝る前にビールを飲むと必ず眠りが浅くなるとかでは無いかなと個人的には思います。
なので答えは”人それぞれだけど、お酒の弱い人は寝る前は飲まない方が良い”かなと思います。

2.寝る前はどんな飲み物がおすすめ?

では、寝る前はどんな飲み物が良いのかとなります。
世間の噂や自分の周りの人の意見からまとめると次の3点ですね。

  1. 牛乳
  2. 白湯(さゆ)
  3. 青汁

1.牛乳

これは定番というか良く言われていますよね。
特に温めたホットミルク的なものが良いそうです。
デメリットは、牛乳が弱い人にとってはおなかが緩くなるかもです。

2.白湯(さゆ)

白湯は超簡単に言うと水を沸騰させた後冷ました(50度くらい?)
お湯です。
作り方はミネラルウォーターをマグカップにいれ、電子レンジで500Wなら1分半~3分程度温めてください。(飲みやすいと感じる温度になるように時間調整してください。)
美容効果も高いと言われてます。
デメリットは、単なるお湯なので、おいしくは無いです。
なので”寝る前の楽しみ”と言えるかといえばこれもまた”人それぞれ”ですね。

3.青汁

寝る前に青汁かよという声が聞こえてきそうですが、日ごろより長時間残業で深夜帰宅が常態化している人だからこそ青汁という「栄養価の高い緑黄色野菜を絞った汁」を飲むのが良いと自分は思います。
家に帰って遅い晩御飯となると、あまりに消化の悪いものは、胃がもたれて睡眠が浅かったという経験はないでしょうか。
そこで、夜御飯は、少なめにして、野菜類を青汁で賄うというバランスの取り方をすれば睡眠への影響なく野菜も取れるというメリットを得られると考えます。
おすすめは、これですね↓


3.まとめ

毎晩遅く帰ってくる忙しい皆さんにとって、少ない睡眠時間で、疲れを取る必要があります。
そうしないと、朝からの仕事で自分自身が辛い目に遭います。
睡眠は大事ですよ。
お酒の弱い人は、睡眠促進ということでは、お酒は控えていた方がよいです。

ではこのへんで

コメントを残す

*