上司が無能と感じる。部下はどう対処すべきか説明します。

カズタカです。
よくこんなことを聞きます。上司が無能でとか、うちの上司仕事できないとか。
いわゆる上司への不平不満ですね。
たしかに上司が無能だと、部下はどうすれば良いのかという不安はあります。
不安でいうと、部下としては上司が無能なのはその上司も感じているはずだ。
ということは我々全員が悪評価を会社から受けており、今後給与のUPも見えてこないということになる。そうなると生活はどうなる?といった深刻な問題だと感じますよね。

ところで
この記事を書いている自分は、現役仕事人として下記のとおりいろいろ経験してきました。
業務多忙でかなり追い込まれた時期や厳しい人間関係に苦悩した時期もありましたよ。。
その経験を踏まえアドバイス致します。

  • SIer会社に新卒入社
  • プログラマー:3年経験
  • フィールドエンジニア:7年経験
  • ソリューション営業:7年経験
  • ユーザー系(交通インフラ業界)SIer会社に転職
  • システムエンジニア:7年経験
  • システム運用:5年目

まず目次です。

✔もくじ

1.結論!どう対処すべきか

結論からいうとこれです。
積極的に自分の意見を上司に伝える。
これってコーチング教育でもよく唱えられています。
部下は上司の指示を受けるだけではなくて、部下からも上司に対し意見発信をするべき。という理論です。
もっと端的に言うと、上司と部下の両者でコミュニケーションを取りなさいということですね。
それを実践することにより、上司は気づきを得られるし、部下も気づきが得られるという相乗効果というやつです。
上司て神様ではないのです。上司に昇進されたけど、では100%業務理解やすばらしい判断を毎回できるかというとそうではないのですよ。
これは上司の立場になると分かります。
しかし部下からすると、ひとつ判断がおかしいと感じ取ると、ダメ上司とこきおろす。
自分たちより高い給与をもらっているくせに。。と。
それを言いたいの気持ちも分かりますよ。
だけど、そこは組織で動く会社員として積極的に上司に対し”こうすればよいと思います。”とか、その意見は、少しリスキーだと思います”とか意見を言ってみると良いと思います。

2.無能な上司とは

ここで少し話をもどして無能な上司とはどんな上司?

  1. 部下への指示が遅い。
  2. 誤った指示をする。
  3. すぐ忘れる。
  4. 他部署との交渉がうまくできない。
  5. 部下へは厳しいが上司へは、こびへつらう。

確かに、無能!と言いたくなりますよ。
最後の”>部下へは厳しいが上司へは、こびへつらう。”は論外ですね。性格的にもイヤな上司だと思います。
しかしそれ以外であれば、みなさん側からコミュニケーションを図り改善することは可能では?

部下への指示が遅い場合は、みなさんから案を伝える。”このようにすればよいのでは?”

誤った指示をした場合、”誤った”が、みなさんが気づかなかった場合はしょうがないです。
ただし指示をうけたときに、”あれ?”と思ったら、上司に指摘を遠慮なくしてください。

その他、すぐ忘れる、部署との交渉がうまくできない、部下へは厳しいが上司へは、こびへつらうといったみなさんでフォローできない場合は、しょうがないですね。
上司の上司(部長など)へ伝えるしかないです。
ただ、その伝え方も口頭ではなく、文章で伝えてください。

3.みなさんの本音

いままで話をしてきましたが、正直な話、本音は?
上司を変えてほしいでは?
それであれば、上司の上司(役職者)に直訴するほかないです。
無駄な時間を費やすぐらいなら、一刀両断な方法で対応するしかないと思います。

4.まとめ

一番の対処は上司とコミュケーションを積極的に取るという方法ですね。
まずこれをしてみることをお勧めします。
具体的には、自分の意見を伝え、ベストな考えを決めるのです。
そうすることにより、とりあえず話が前に進みます。
しかし改善がみられないのであれば現状を上司の上のクラスの人に伝えるしかありません。
組織としてベストな方法を取ってみてください。

繰り返しになりますが上司も人間なので向き不向きがあります。
管理職に適している人、そうでない人いろいろです。
その現実をうけとめてください。
そのうえでまずは、よく相談することです。
相談して話をして前に進めていくのです。

しかし言葉は悪いですが、改善が見られに場合は、先ほどのとおり行動に移すしかないです。
私の経験でも実際ありました。指示がとにかく遅かったので何度かこちらから意見を伝えてきました。本人は分かったような分からないような反応をするので、常にこちらから意見を積極的に言いました。その結果として仕事は進んでいましたけど、正直疲れる感じでしたよ。
仕事も人間関係が強く影響を与えるので、辛い面はありますけど、組織として動く他ありませんので、何度も言いますがまずが上司とコミュニケエーションを取りながら仕事を進めてください。

ではこのへんで

コメントを残す

*