IT職種別_SE(システムエンジニア)

システムエンジニアの一日を紹介します。

カズタカです。
システムエンジニアについて、どんな一日を過ごしているのかをお話します。
なおシステムエンジニアの役割は会社によってバラバラです。
プログラマー兼務の場合や、ほぼプロジェクトマネージャーの仕事を行っているところもあります。

中堅Sier会社のソリューション部開発Gに所属する大西(以下大西)の一日に密着
【バグ対応編】(2月3日(金))

9:30 システム運用の丘より営業売上積算システムで不具合発生の一報を受ける。
9:40 第二報として昨日のクレジットカードでの売り上げ高の表示が「-」となったとの連絡を受ける。本件課長にも内容を伝える。
10:00 製造部のプログラム担当の西田を呼び情報の連絡と方針決めの会議を主催
10:30 暫定対策としてプログラム修正、テストを本日15時までに終わらせ、そのあと修正プログラムをリリースするか否かを決める打ち合わせを16時に開催予定。
10:40 会議室を出て、自分の席に戻る。
11:30 メールチェックや返信終わらせ明日提案予定の資料を作成する。
12:00 コンビニ弁当を食す。
13:00 バグ修正プログラム用試験仕様書の作成
14:30 本仕様書をプログラマーに確認させ問題無いことを確認。その足で上司に試験仕様書を説明、承認を取る。
15:00 プログラマーより修正完了の連絡を受け、試験仕様書に基づき試験を大西が実施。
16:10 試験問題なしとの大西の見解を受けて、修正プログラムリリースの打ち合わせ開始。
17:00 会議参加者により、リリース問題なしのとの結果を受けて、本日18:00に修正プログラムリリースを決定
17:00 大西が全エンドユーザーの端末に18:00修正プログラムリリースを文字にて告知。
18:00 大西にて修正プログラムの流しこみ実施。一旦基幹サーバにプログラムを格納すると、そこから全端末にプログラムがダウンロードされる。ユーザ側は端末の再起動により修正プログラムgが反映される。
19:00 全ユーザーで修正プログラムが反映されていることを確認。
19:30 大西帰路に就く。

システムエンジニアの仕事の一例を紹介しました。
ただシステムエンジニアの担当業務のすみわけは会社により様々です。
きっちりプログラマ―、システムエンジニア、システム運用と、領域が分かれている場合もあれば、今回紹介したプログラムリリースもシステムエンジニアが行うパターン。
(プログラムリリースはシステム運用側で行う場合もあり)

いづれにせよ各職種情報連携して仕事を進めることが大事ですね。

ではこのへんで。