IT職種別_PG(プログラマー)

フローチャートの書き方の学習を最初にすべきです。プログラミング学習はその後行いましょう。

カズタカです。

”これからは終身雇用制度の維持は難しい。”
某大手自動車会社の社長が会見で発言していました。

これってつまり、有能な社員つまりデキル人のみ給与を払い続けるよということですよ。
デキナイ人は、そのうちクビにするよということをサラッといっていると私は感じました。
ではデキル人とはどんな人?
それは、つまるところ金を生みだす人ですよね。民間企業視点でいくと。。
では金を生み出すとは?
新しいものを造る人、造れる人ではないでしょうか?

今この記事を読まれている方の中には、会社が傾き退職を余儀なくされたとか、精神的に追い詰められ休職しているとか、様々事情で将来が不安に感じている方がいらっしゃると思います。
そんな方は、新しいものを造る人、造れる人にようにスキルを身に着けるべきと思います。
自分はIT企業に勤めていますが、ITといえばプログラミング、これは新しいものをつくるということに合致します。
そこで
私はプログラミングの習得をお勧めします。
プログラミングができれば、これからのAI時代に必要とされる人材にはなれると思います。
また自分の経験からプログラミングができれば、フリーランスとして会社組織にとらわれず
自分の実力で仕事とり、個人事業主として自由な生き方ができる可能性も高まります。
いわゆる手に職がつくという状態になります。
ただ、
さらにデキル人になるには、プログラミングを早く造れ、バグ発生率を低%に抑えれるようになることが必要で、早く造れるというのは、イコール低コストの実現ができ、企業側からも、喉から手が出るほどほしい人材になります。

ではまずはプログラミングの勉強ということになるのですが、どのような流れで行うべきか?
目次を見てください。

続きを読む

フローチャートの書き方を分かりやすく説明します

カズタカです。
フローチヤートて知っています?
コンピュータを知っている人や学生のみなさんは一度は耳にしたことありますよね。
簡単に言うと

仕事の流れや処理の手順を図式化したもの。作業管理やコンピューター用のプログラムの設計に用いられる。流れ図。フロー━シート。引用:大辞林 第三版

このフローチャートは、プログラミング作成時に良く使いますよね。
でも、それだけではないのです。

自分の中で考えがまとまらないときとかに、手書きで書くことによって、頭の中で、整理され目の前の霧が晴れる効果を得ることもできます。

では下記の図を見てください。
このフロー図は、反復構造と呼ばれています。
簡単な図1
回転ずし店に行って食事し、満腹になったので店を出るまでの流れを書きました。

このフロー図は、選択構造と呼ばれています。
簡単な図2

このフロー図は、順次構造と呼ばれています。
簡単な図2

その他のパーツについて示します。
簡単な図3

これを応用したフロー図として、教育プログラミングの教材でメジャーな、「scratch」のフロー図を書いてみました。

簡単な図3
実務でもいきなりプログラミングを開始するのは、あり得ませんね。
まずは要求仕様に基づき設計し、プログラム仕様書を作り、その際フロー図を作成します。
フロー図含めたプログラム仕様書を作成したあと、実際プログラム製造に移るというのが一般的な流れですね。
ここでフロー図を書く上でのポイントは、1アクション、1アクションを書くということです。
よくある間違いが、途中の操作を省くことです。
例えば、自動販売機でりんごジュースを買うとします。

  1. お金を入れる。
  2. ボタンを押す。
  3. ジュースが出てくる。

このような順番を考えがちですが、これは省略すぎです。
改善すると、

  1. お金を入れる。
  2. おつりはでてこない。
  3. 色々あるジュースからリンゴジュースを探す。
  4. リンゴジュースを見つける。
  5. ボタンを押す。
  6. ジュースが出てくる。

フローチャートはプログラミング業務の基本です。
ぜひマスターしてくださいね。

ではこのへんで

その他のフローチャート関連記事も読んでください。

フローチャート