心を軽くする

部下への指導の2つポイントをアドバイスします。

カズタカです。

部下への指導方法で悩んでいませんか?

あまりきつく言うと、いわゆるパワハラと認識されそうですよね。
ただはっきり言ってあまりよろしくない部下もいるのは事実です。
我々としては、指導しないと、逆に我々の上司から、おこごとを頂戴してしまいます。
やるきが無い部下をどう対応するのか。
ところで
この記事を書いている自分は、現役会社員として下記のとおりいろいろ経験してきました。
業務多忙でかなり追い込まれた時期や厳しい人間関係に苦悩した時期もありました。
その経験を踏まえアドバイス致します。

  • SIer会社に新卒入社
  • プログラマー:3年経験
  • フィールドエンジニア:7年経験
  • ソリューション営業:7年経験
  • ユーザー系(交通インフラ業界)SIer会社に転職
  • システムエンジニア:7年経験
  • システム運用:6年目に突入

以下目次を読んで下さい。

続きを読む

ヒューマンエラーを起こさない対策は2つだけ

カズタカです。
人間は失敗をします。だからここまでコンピュータが発達してきました。
しかしまだまだコンピュータを使った自動化ができていない作業についてはいわゆるヒューマンエラーが多発します。
このヒューマンエラーは最悪、人を殺めてしまう強烈なリスクが潜んでいます。
なんで、ヒューマンエラーは起こしてはいけないのです。

と、昨今いろんなセミナー、勉強器などで、講義が行われています。

でも、起こしてしまいますよね。
重大なものはともかく、軽微なエラーは、だれしも起こしてしまったり、起こしそうになったり。

続きを読む

職場で嫌がらせをうけたときの2つの対処を話します。

カズタカです。

自分は、現役職業会社員として下記のとおりいろいろ経験してきました。
業務多忙でかなり追い込まれた時期や厳しい人間関係に苦悩した時期もありました。
その経験を踏まえ現役会社員としてアドバイス致します。

  • SIer会社に新卒入社
  • プログラマー:3年経験
  • フィールドエンジニア:7年経験
  • ソリューション営業:7年経験
  • ユーザー系(交通インフラ業界)SIer会社に転職
  • システムエンジニア:7年経験
  • システム運用:5年目

職場での人間関係は
永遠のテーマですよね。そのなかでも
嫌がらせを受けているとその職場に行きたくないですよね?
その気持ちよくわかります。
職場の人は各々色々な人生を送ってきて、考え方もちがうし、それこそ生き様も違う。そんな人らが狭いオフィスに集まり、好きでもないイヤな仕事をする。
その状況を想像しただけで、悪環境だと想像できてしまう。

そんな雰囲気だからその空間で働く人はつねにイライライラ。
そんなストレスは、弱い立場への攻撃となって作用する。

そんなのやられる本人はたまったもんじゃないですよ。

では嫌がらせ内容てどんな?

続きを読む

職場でいじめられている。どうすればよい?

カズタカです。
職場でいじめが横行しているとか、あのひとがいじめられているとか耳にしたことがあります。しかも頻繁に。
小中校でニュースになる例ですが、大人の社会でも起きていますよ。
大人の場合は、深刻ですね。生活かかっていますので。
これから話す内容は、あくまでも1例です。
なぜなら各会社にて、様々なルールがあります。
すべてを網羅できません。むずかしいです。
繰り返しですが、あくまでも一例です。

ではいじめられないようにするにはどうすれば良いのか?
目次を見てください。

続きを読む

上司が無能と感じる。部下はどう対処すべきか説明します。

カズタカです。
よくこんなことを聞きます。上司が無能でとか、うちの上司仕事できないとか。
いわゆる上司への不平不満ですね。
たしかに上司が無能だと、部下はどうすれば良いのかという不安はあります。
不安でいうと、部下としては上司が無能なのはその上司も感じているはずだ。
ということは我々全員が悪評価を会社から受けており、今後給与のUPも見えてこないということになる。そうなると生活はどうなる?といった深刻な問題だと感じますよね。

続きを読む

上司が尊敬できないけど、毎日をどう接したらよいかヒントを説明します

上司にも色んな人がいます。。
尊敬できる人もいますし、できない人も。。、
でも上司です。報告、連絡、相談をすべき相手です。
その上司は会社が決めた相手です。
当然問題行動があれば、それは上司の上司に言うべきです。
では尊敬できないとよく言う人がいますが、どんな人か。
ちなみに自分にもそのような愚直を言ってくる人かいます。
例えばこんな人でしょうか

  1. 上司への媚びへつらいが激しい。
  2. 部下への指示があいまい。
  3. 特定の部下への思い入れが露骨に行われる

確かに尊敬できないですよ。
でも上司は上司ですから。
こんな上司にはどのようなふるまいを自分はすべきか?

続きを読む

上司がうざいと思ったときの対処方法を教えます。

新しく配属されたけど上司から色々細かいことを指摘してくる。質問も多い、変な答え方をすると、パワハラまがいの叱責を受ける。
こんな上司、うざいと感じますよね。
それが普通の感情です。
こんなの毎日続くとイヤになるよ。退職の文字が頭に浮かんでくる。
「そのとおりです。何とかなりませんか?」

なんとなるかもしれないです。

この記事を書いている自分は、下記のとおり色々経験してきました。
その経験を踏まえお話します。

  • SIer会社に新卒入社
  • プログラマー:3年経験
  • フィールドエンジニア:7年経験
  • ソリューション営業:7年経験
  • ユーザー系(交通インフラ業界)SIer会社に転職
  • システムエンジニア:7年経験
  • システム運用:5年目

まず目次を見て下さい。

続きを読む

理不尽な上司の対応方法を教えます

世の中には色んな人がいます。

良い人も悪い人も。

良い上司もいれば、そうでない上司もいます。

できれば良い上司の下で、ノーストレスで楽しく仕事をして、定時で帰りたい。
これ実現できたら最高です。
しかし、あり得ませんね。
そんな良い上司の「良い」は人によって違いますから。

逆に嫌な上司はたくさんいる。だから金曜日、同僚で飲みにいって上司の悪口をいってしまう。
よくある風景です。
嫌な上司の筆頭は、どんな上司か?
対応がいわゆる理不尽に感じる上司。
例えば、同じ能力のある二人の部下について片方のみ優遇する。
部下の評価にばらつきがあると感じる。
同じ失敗しても一方の部下にはやさしく、他方の部下には厳しい叱責など。
みなさん経験したとか見たとかありますか?
いや自分はあまり見たことがないと思った人は、上司に恵まれているのかも。
上司の評価に不満があり、いつも理不尽と感じる人は、自分自身こんな考え方としていると思いますが当たってますか?

過剰に上司からの評価を気にしている。

どうです。
当たっていますか。

上司から気に入られ、それにより給与を上げてもらったら、バンザイだ。

そのとおりです。

しかし「過剰に」上司を気にしても、無駄に終わることがあります。

上司は、自分の課の評価や売上に貢献してくれる部下を好みます。
ようは自分にメリットのある部下を好みます。

ですが、この自分の課に貢献しようと思っても、簡単にできないのが世の常です。
そうなると厳しい局面が見えてきます。心も余裕ができなくなってきます。

そこで少し心にゆとりを与える考え方をお伝えします。

それは 課題分離
の考えを実行することです。

目次をどうぞ

続きを読む

嫌な事を忘れるには一択!課題分離の考え方をしよう

カズタカです。
日ごろ仕事や生活をしている中で、嫌な事は必ず起きますよね。
そして気持ちが萎える。やる気がうせる。落ち込む。

でもいつまでもそんな気持ちになっていても良いことは一つもありません。
時間の無駄ですよ。
ん?そもそも嫌な事でどんなこと?
思いつくまま以下に書きました。

  1. 怒られる。
  2. ケンカする。
  3. ウソをつけられる。
  4. 異性にフラれる。
  5. 思い通りにいかない。
  6. 恥をかく。
  7. 緊張する。
  8. 試験で悪い点数を取る。
  9. 受験失敗する。
  10. 就活がうまくいかない
  11. 失敗する。
  12. 体がシンドイ
  13. 貯金がたまらない。

などなど。

自分も今までの会社員生活(プロフィール)を振り返ると沢山ありますね。
でもこれだけの種類ありますけど、全て”相手”が存在しますね。
つまり嫌なこととは、全て自分以外の人や論理が存在するんですね。

では、この前提で言うと、嫌なことを経験しないためには、自分ひとりになればよい。

無人島に行こう!

で解決です。

とはならないです。当然です。

なので嫌なことはこれからも皆さんに降りかかります。
しょうがない。

では本題の嫌なことを忘れ、気分を変えるにはどうすればよいか。

それは 課題分離
の考えを実行することです。

目次をどうぞ

続きを読む

多忙を極める毎日の疲れを癒す方法

カズタカです。
今は電車の中でしょうか?
IT業界や飲食業など、人手が足りないと呼ばれている業界で仕事している方は、毎日が忙しくヘトヘトな状態が継続していると察します。
忙しい理由は作業量が物理的に多いからですよね。
締切が迫っているとか。
しかし
上司らは、効率が悪いというひと言で片付けます。
まあこれ、常套句です。
しかし、”雇われ人”は仕事を片付けていくしかないのです。
仕事を終わらすしかないのです。
そのためには、残業はしょうがない。。

ただそれは会社や店舗など仕事場まで。
そこから出たら、仕事のことは忘れましょう。

続きを読む