プログラミング講座

プログラミングあそびこうざ【3かいめ】えをうごかそう!

みなさん、こんにちは
こんかいは3かいめのプログラミングあそびこうざになります。
1かいめ、2かいめとプログラミングであそんでいくなかで、すこしづつパソコンになれてきているかとおもいます。

きょうは3かいめです。

1.あそびこうざ

↓ここからはお子様だけに画面を見させてください。

1.ねこが、みぎはからひだりにうごかしつづけ、キーボードからボタンをおすととまるプログラムをつくろう

まずフローチャートをかいてみよう

2かいめでつくったプログラムをすこしなおします。
まず、かみに、
「ねこを、みぎからひだりにうごかしつづけ、キーボードからボタンをおすととまる」
とかきましょう。
課題図
とかきます。

そのしたにフローチャートをかいてみましょう.

まずぜんかいとおなじもじをみつけます。
そこはぜんかいとおなじなので、まずそのフローチャートをかいてみましょう。

課題図

ここでかだいのぶんでは、「ねこを、みぎからひだりにうごかしつづけ」となっています。
もじどおり、ねこをうごかしつづけるのです。
このとき、どんなかきかたがよいのかな?
課題図

あかでかこったせんかきます。
このせんにより、くりかえしねこがひだりとみぎにうごきまわります。

つぎに、キーボードからなんでもよいので”キー(ボタン)”をおすと、ねこがとまるようにします。
さあ、なにをかけばよいのかな?

ひしがたのえです。つまりじょうけんです。
課題図

ではこのフローチャートをみながらプログラミングしましょう。
まずフローチャートのあかでかこんだぶぶんをつくりましょう。
フローかこんだ部分

まずプログラム画面をだして、2かいめのれんしゅうでつくったプログラムまでつくります。
フロー

つぎにねこをうごかしつづけるフローをいれます。
あかのぶぶんですね。

課題図

”ずっと”というブロックをとりつけます。。
課題図

ここまでのプログラムでは、はたのマークをおすと、ねこはみぎやひだりにうごきっぱなしになりますので、キーボードからボタンをおすと、ねこをとめるしくみをつけたします。

つまりひしがたのえです。これをいれます。
課題図

こうなります。
課題図

ではみなさんがかいたフローチャートとつくったプログラムをみくらべましょう
課題図

あっていましたか?

ではここで”はた”をマウスのひだりボタンでおしてみましょう。
いきおいよくねこがひだりとみぎをはしりまわっています。

さあねこをとめましょう。

キーボードのどれかののボタンをおしてみて。
キーボード

ねこがとまれば、プログラムはかんせいです。

みなさんが、つくったプログラムは、うごきつづけるなかでとちゅうで、うごきをとめる
しくみがはいっているものです。

ではこんかいのあそびはおわりです

プログラミングあそびこうざ【2かいめ】えをうごかそう!

カズタカです。ではさっそくあそんでみよう

1.あそびこうざ

↓ここからはお子様だけに画面を見させてください。

1.ねこが、みぎはしのかべまできたらぎゃくをむいてひだりにうごくようにしてみよう

まずフローチャートをかいてみよう

1かいめでつくったプログラムをすこしなおします。
まず、かみに、
「ねこが、みぎはしのかべまできたらぎゃくをむいてひだりにうごく」

とかきます。

そのしたにフローチャートをかいてみましょう

まず、
「かいし」
ですよね
ぜんかいとおなじく、うごかすことをひとつづつかきます。

ここで、ぜんかいとちがうところがあります。

ねこが、みぎのはしまできたら、とまるのではなくて、くるっとひだりをむいて、うごくということです。

ここでフローチャートにあるかたちをいれます。

それはひしがたのぶひんです。

こたえのれいです↓
みてみて。
フロー図の最初

ではパソコンでプログラミングしてみましょう

  1. パソコンのでんげんボタンをおします。
  2. Scratchをたちあげます。
  3. パソコンのがめんにScratchのなまえがはいったマークをマウスで2かいクリックします。
  4. マウス
    デスクトップ図_3

  5. 「つくる」のもじをマウスのひだりボタンでおします。
  6. デスクトップ図_4

  7. みどりいろのがめんをとじます。
  8. マウス
    デスクトップ図_5

  9. プログラミングがめんがでます。
  10. デスクトップ図_6

  11. ねこをうごかすためのきっかけとなる”はた”マークをつけます。
  12. デスクトップ図_7

  13. つぎにねこをうごかすコードをせんたくします
  14. デスクトップ図_7

    デスクトップ図_1

    マウス図

    ここで、こんかいやることは、”ねこをたくさんうごかすことです。”
    たくさんうごかすためには、”うごかすコード”にあるすうじをかえます。
    デスクトップ画面2_1
    このすうじは、キーボードからすうじボタンをおすことによりかえられます。

    ではやってみましょう。

  15. まずマウスのやじるしを、すうじのところにもってきます。
  16. デスクトップ画面2_1

  17. マウスのひだりボタンを1かいおします。
  18. マウス
    すうじのまわりが、すこしいろがかわります。
    ①そのすうじを「Delete}ボタンでけします。
    ②たくさんうごかしたいので、すうじボタンで、1と0と0をおします。
    つまり”100ぽ”ねこをうごかすということです。
    ③Enterボタンをおします。
    キーボード①

    こうなります
    キーボード①

    ここで、さっきじぶんでかいた、フローチヤートをもういちどみましょう。
    このあかでかこんだところは、”はんだんずけい”とよばれ、もじどおり、”はい、かいいえかをはんだんするところです。

    プログラムで、はしにぶつかったときと、ぶつからなかったときで、それぞれやることを、コンピュータにおしえるひつようがあるのです。

    フロー図の判断ポイント
    プログラム画面ではあかまるのぶひんをえらび、マウスでいどうさせ、つけます。
    ぶひんは”はしにぶつかってはねかえる”までがひとつになっています。
    フロー図の判断ポイント

    つぎにはしにぶつかったときに、ねこをひだりむきにして、あるかせるプログラムをついかします。
    フロー図の判断ポイント
    ”かいてんほうほうをさゆうのみにする”というなまえのプログラミングをもってきます。
    フロー図の判断ポイント

    これでプログラムはつくれました。
    ではプログラムをうごかしてみましょう

フロー図

1かいはたをおすと100ぽみぎにうごきます
はしにぶつかる

はしにぶつかると、くるっとむきがかわりました
向きがかわる図

はたをおすと、ひだりにねこがすすみます。
向きがかわる図

プログラムができました。

こんかいはこれでおわりましょう

では、またじかい!

プログラミングあそびこうざ【1かいめ】えをうごかそう!

カズタカです。ではさっそくあそんでみよう

1.あそびこうざ

↓ここからはお子様単独もしくはお子様と一緒に画面を見てください。

1.ねこをみぎにたくさんうごかしてみよう

まずフローチャートをかいてみよう

かみに、まずプログラムすることをかこう。こんかいもはたマークをおしてプログラムをうごかします。
ぜんかいとおなじく、うごかすことをひとつづつかきます。
さあやってみましょう。
こたえのれいはこんなかんじですね↓
フロー図の最初
さいごまでかきます。
フロー図のおわり

ではパソコンでプログラミングしてみましょう

  1. パソコンのでんげんボタンをおします。
  2. Scratchをたちあげます。
  3. パソコンのがめんにScratchのなまえがはいったマークをマウスで2かいクリックします。
  4. マウス
    デスクトップ図_3

  5. 「つくる」のもじをマウスのひだりボタンでおします。
  6. デスクトップ図_4

  7. みどりいろのがめんをとじます。
  8. マウス
    デスクトップ図_5

  9. プログラミングがめんがでます。
  10. デスクトップ図_6

  11. ねこをうごかすためのきっかけとなる”はた”マークをつけます。
  12. デスクトップ図_7

  13. つぎにねこをうごかすコードをせんたくします
  14. デスクトップ図_7

    デスクトップ図_1

    マウス図

    ここで、こんかいやることは、”ねこをたくさんうごかすことです。”
    たくさんうごかすためには、”うごかすコード”にあるすうじをかえます。
    デスクトップ画面2_1
    このすうじは、キーボードからすうじボタンをおすことによりかえられます。

    ではやってみましょう。

  15. まずマウスのやじるしを、すうじのところにもってきます。
  16. デスクトップ画面2_1

  17. マウスのひだりボタンを1かいおします。
  18. マウス
    すうじのまわりが、すこしいろがかわります。
    ①そのすうじを「Delete}ボタンでけします。
    ②たくさんうごかしたいので、すうじボタンで、1と0と0をおします。
    つまり”100ぽ”ねこをうごかすということです。
    ③Enterボタンをおします。
    キーボード①

    こうなります
    キーボード①

    キーボードはすうじやひらがなをうつのにつかうものです。

ではプログラムを動かします。

”はた”をマウスで、やじるしをうごかし、ひだりボタンをおします。
キーボード①

ねこがみぎのほうこうにうごきました
キーボード①

プログラミングはせいこうです。

ここでふりかえりです。
さいしょにかいたフルーチャートをみてください
キーボード①

はたのマークをおすと、そのしたの”ねこをたくさんうごかす”のプログラムがうごき、ねこがみぎにうごきます。
フローチャートどおりのうごきをしました。

2.まとめ

ねこをもっとながいきょりうごかすときは、すうじを100から200など、おおきいすうじにすればよいです。
デスクトップ画面2_1

みなさんどうでしたか?
フローチャートは、うまくかけました?

ねこはうまくうごきました?

つぎのかいも、たのしくあそびましょう

無料!プログラミングあそび講座【小学生低学年向け】【Scratch使用】

カズタカです。

みなさんご存知のとおり学習指導要領改訂に伴い2020年から小学生にプログラミング授業が開始されます。
このねらいは、以下のとおりです。

今日、コンピュータは人々の生活の様々な場面で活用されています。~(略)~コンピュータをより適切、効果的に活用していくためには、その仕組みを 知ることが重要です。~(略)~コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要なこととなっています。参考:文部科学省:小学校プログラミング教育の手引(第二版)/cite>

ここで、えー小学生からプログラミング?という感想を持たれる方もいらっしゃると思います。
しかしコンピュータは生活の中に浸透しており、必要不可欠な存在になっているのは事実です。
この記事を書いている自分は、会社員として下記のとおりいろいろ経験してきました。
システムのオペレーション教育の講師役としの経験も保有しております。、

  • SIer会社に新卒入社
  • プログラマー:3年経験
  • フィールドエンジニア:7年経験
  • ソリューション営業:7年経験
  • ユーザー系(交通インフラ業界)SIer会社に転職
  • システムエンジニア:7年経験
  • システム運用:6年目に突入

これらの経験もしくはIT業界人生の中でコンピュータの重要性、必要不可欠性を目の前で見てまいりました。

コンピュータの教育は例えば英語と同じで早いに越したことはありません。
将来お子様がIT企業に勤めなくても、コンピュータを使う側には必ずなります。

本講座をぜひ活用してみてください。

上記指針に沿って以下のカリキュラムで説明を行ってまいります。
目次形式です。

続きを読む