上司が合わないと思った時、酷い暴言があった時どうすれば良いか?

新しく配属し、こころウキウキで挨拶したまでは良かった。
しかし直属の上司が、
「厳しい」
しかも、ネチネチ嫌みも行ってくる。
当然出勤したら顔を合わせるし、報告する必要があるので、会話も必須。
いきなり嫌な局面を迎えたなと、落ち込む。

こんな経験したことありませんか?
いや、むしろ今継続中ですか?
辛いみなさん今からの記事を読んでみてくださいな
まず嫌な上司の特長を上げて見ます。
なお全て「公然と」が付きます。

  • すぐキレる
  • すぐ大声を出す
  • 細かい指摘をする
  • 嫌みを言う
  • 膨大な量の仕事を短期間でやれと言う(無理難題の強要)
  • しつこく聞いてくる
  • バカにする
  • 低レベル人間だと言い放ち、差別する
  • どうです?
    こんな上司いるでしょ。

    上記の内容を見たとき、
    「パワハラ」
    と思いませんでしたか?
    昨今マスコミで取り出されている社会問題ですよね。
    もっと言えば、上記のことをされた瞬間に「パワハラ」だ!
    と、怒りがこみ上げてきます。
    ここで参考資料です。
    パワハラに関する厚生労働省「パワーハラスメント対策導入マニュアル」の一部抜粋内容を付けます。



    世間のみなさんは実際に相談窓口に申告しています。

    よし!通報だ。

    そして相談窓口にメールを出す文面を考えている中で、、、
    自分自身徐々に冷静になっていきます。
    そして中で今後の展開が頭の中で浮かんできます。
    例えば下記のとおり、

    1. 自社の相談窓口に根拠資料をメールする。
    2. 相談窓口担当者(以下担当者)があなたに連絡する。
    3. 担当者から事情を聞かれる。
    4. 担当者は該当上司に連絡する。
    5. 担当者は該当上司に事実確認する。
    6. 担当者は自身が所属するグループ内および関係者で相談し、処分内容を検討する。
    7. 担当者は該当上司に結果を報告する。

    そして顔を上げると、何事も無かったかのように、他の人と話をしている上司がいる。

    こんな「雰囲気」な時に、このメールを送信してしまったらどんな騒ぎになるのか。。。

    手が止まる。でしょう。
    そしてまた叱責を受ける。
    で怒りの感情が出るけど、すぐその上司が優しい言葉を自分にかけてくる。
    この繰返し。
    結局自分は我慢するしか無いのかと思ってしまい
    毎日我慢。モヤモヤが続くこの状況。
    良く無いですよね。
    ではどうすればよいか。

    ✔目次

    1.自分に非が本当に無いのか振り返る

    作成した資料が発端であれば、もう一度見返してみる。ホントに自分に原因は無かったのか?上司の言い方はともかく自分のやったことは問題ないかもう一度振り返ってみましょう。

    2.上司の言っていることは間違いか改めて振り返る

    上記に近いですが、上司はきちんと的を得たことは言っているのか。よくあるのが、勘違いです。明らかに犯人ではないのに、自分を犯人扱いしているパターン。その他人格否定的な表現を明らかに使っているか?

    3.自分に覚悟はあるかをもう一度自分に問う

    自分には非は無い。明らかに上司が悪いという認識に揺るぎ無し。しかも事実として今後も苦痛と感じる状態は変わらないと結論できた。
    そして
    証拠書面を作成する。
    事実だけを記した書面を作成する。何時何分ごろ、誰に何を言われたか。その時周りには誰がいたか。を一覧にまとめる。
    あとやることは、
    覚悟
    です。
    本気で戦える心構えがあるか。もしかしたら会社自体が上司をかばうかもしれません。
    なぜなら、上司は 会社が管理者に値すると決めた人なのです。
    もっと言えば本質的に
    部下は上司を選べないのです。
    なぜか。これも上司という人間は会社が決めたからです。

    ではどうすれば良いか。
    会社の相談窓口ももちろんですが、その前に会社外の相談窓口(労働局などのいわゆるプロ)に相談してみるのが得策かと思います。
    そこで、証拠書面を提示し、具体的にどう動けばいいかアドバイス(立ち振る舞い)を頂き参考にする。
    こういった慎重な進め方をするとメリットがあると思います。

    4.まとめ

    正直ある程度の我慢は必要と思います。
    ですが、度を超えた場合は毅然とした対応が必要です。
    精神的苦痛は耐えきれないのですから。
    最後に、
    感情的にならず冷静に泥臭く進めてください。

    コメントを残す

    *