2019年 7月 の投稿一覧

プログラミングあそびこうざ【3かいめ】えをうごかそう!

みなさん、こんにちは
こんかいは3かいめのプログラミングあそびこうざになります。
1かいめ、2かいめとプログラミングであそんでいくなかで、すこしづつパソコンになれてきているかとおもいます。

きょうは3かいめです。

1.あそびこうざ

↓ここからはお子様だけに画面を見させてください。

1.ねこが、みぎはからひだりにうごかしつづけ、キーボードからボタンをおすととまるプログラムをつくろう

まずフローチャートをかいてみよう

2かいめでつくったプログラムをすこしなおします。
まず、かみに、
「ねこを、みぎからひだりにうごかしつづけ、キーボードからボタンをおすととまる」
とかきましょう。
課題図
とかきます。

そのしたにフローチャートをかいてみましょう.

まずぜんかいとおなじもじをみつけます。
そこはぜんかいとおなじなので、まずそのフローチャートをかいてみましょう。

課題図

ここでかだいのぶんでは、「ねこを、みぎからひだりにうごかしつづけ」となっています。
もじどおり、ねこをうごかしつづけるのです。
このとき、どんなかきかたがよいのかな?
課題図

あかでかこったせんかきます。
このせんにより、くりかえしねこがひだりとみぎにうごきまわります。

つぎに、キーボードからなんでもよいので”キー(ボタン)”をおすと、ねこがとまるようにします。
さあ、なにをかけばよいのかな?

ひしがたのえです。つまりじょうけんです。
課題図

ではこのフローチャートをみながらプログラミングしましょう。
まずフローチャートのあかでかこんだぶぶんをつくりましょう。
フローかこんだ部分

まずプログラム画面をだして、2かいめのれんしゅうでつくったプログラムまでつくります。
フロー

つぎにねこをうごかしつづけるフローをいれます。
あかのぶぶんですね。

課題図

”ずっと”というブロックをとりつけます。。
課題図

ここまでのプログラムでは、はたのマークをおすと、ねこはみぎやひだりにうごきっぱなしになりますので、キーボードからボタンをおすと、ねこをとめるしくみをつけたします。

つまりひしがたのえです。これをいれます。
課題図

こうなります。
課題図

ではみなさんがかいたフローチャートとつくったプログラムをみくらべましょう
課題図

あっていましたか?

ではここで”はた”をマウスのひだりボタンでおしてみましょう。
いきおいよくねこがひだりとみぎをはしりまわっています。

さあねこをとめましょう。

キーボードのどれかののボタンをおしてみて。
キーボード

ねこがとまれば、プログラムはかんせいです。

みなさんが、つくったプログラムは、うごきつづけるなかでとちゅうで、うごきをとめる
しくみがはいっているものです。

ではこんかいのあそびはおわりです

プログラミングあそびこうざ【2かいめ】えをうごかそう!

カズタカです。ではさっそくあそんでみよう

1.あそびこうざ

↓ここからはお子様だけに画面を見させてください。

1.ねこが、みぎはしのかべまできたらぎゃくをむいてひだりにうごくようにしてみよう

まずフローチャートをかいてみよう

1かいめでつくったプログラムをすこしなおします。
まず、かみに、
「ねこが、みぎはしのかべまできたらぎゃくをむいてひだりにうごく」

とかきます。

そのしたにフローチャートをかいてみましょう

まず、
「かいし」
ですよね
ぜんかいとおなじく、うごかすことをひとつづつかきます。

ここで、ぜんかいとちがうところがあります。

ねこが、みぎのはしまできたら、とまるのではなくて、くるっとひだりをむいて、うごくということです。

ここでフローチャートにあるかたちをいれます。

それはひしがたのぶひんです。

こたえのれいです↓
みてみて。
フロー図の最初

ではパソコンでプログラミングしてみましょう

  1. パソコンのでんげんボタンをおします。
  2. Scratchをたちあげます。
  3. パソコンのがめんにScratchのなまえがはいったマークをマウスで2かいクリックします。
  4. マウス
    デスクトップ図_3

  5. 「つくる」のもじをマウスのひだりボタンでおします。
  6. デスクトップ図_4

  7. みどりいろのがめんをとじます。
  8. マウス
    デスクトップ図_5

  9. プログラミングがめんがでます。
  10. デスクトップ図_6

  11. ねこをうごかすためのきっかけとなる”はた”マークをつけます。
  12. デスクトップ図_7

  13. つぎにねこをうごかすコードをせんたくします
  14. デスクトップ図_7

    デスクトップ図_1

    マウス図

    ここで、こんかいやることは、”ねこをたくさんうごかすことです。”
    たくさんうごかすためには、”うごかすコード”にあるすうじをかえます。
    デスクトップ画面2_1
    このすうじは、キーボードからすうじボタンをおすことによりかえられます。

    ではやってみましょう。

  15. まずマウスのやじるしを、すうじのところにもってきます。
  16. デスクトップ画面2_1

  17. マウスのひだりボタンを1かいおします。
  18. マウス
    すうじのまわりが、すこしいろがかわります。
    ①そのすうじを「Delete}ボタンでけします。
    ②たくさんうごかしたいので、すうじボタンで、1と0と0をおします。
    つまり”100ぽ”ねこをうごかすということです。
    ③Enterボタンをおします。
    キーボード①

    こうなります
    キーボード①

    ここで、さっきじぶんでかいた、フローチヤートをもういちどみましょう。
    このあかでかこんだところは、”はんだんずけい”とよばれ、もじどおり、”はい、かいいえかをはんだんするところです。

    プログラムで、はしにぶつかったときと、ぶつからなかったときで、それぞれやることを、コンピュータにおしえるひつようがあるのです。

    フロー図の判断ポイント
    プログラム画面ではあかまるのぶひんをえらび、マウスでいどうさせ、つけます。
    ぶひんは”はしにぶつかってはねかえる”までがひとつになっています。
    フロー図の判断ポイント

    つぎにはしにぶつかったときに、ねこをひだりむきにして、あるかせるプログラムをついかします。
    フロー図の判断ポイント
    ”かいてんほうほうをさゆうのみにする”というなまえのプログラミングをもってきます。
    フロー図の判断ポイント

    これでプログラムはつくれました。
    ではプログラムをうごかしてみましょう

フロー図

1かいはたをおすと100ぽみぎにうごきます
はしにぶつかる

はしにぶつかると、くるっとむきがかわりました
向きがかわる図

はたをおすと、ひだりにねこがすすみます。
向きがかわる図

プログラムができました。

こんかいはこれでおわりましょう

では、またじかい!

プログラミングあそびこうざ【1かいめ】えをうごかそう!

カズタカです。ではさっそくあそんでみよう

1.あそびこうざ

↓ここからはお子様単独もしくはお子様と一緒に画面を見てください。

1.ねこをみぎにたくさんうごかしてみよう

まずフローチャートをかいてみよう

かみに、まずプログラムすることをかこう。こんかいもはたマークをおしてプログラムをうごかします。
ぜんかいとおなじく、うごかすことをひとつづつかきます。
さあやってみましょう。
こたえのれいはこんなかんじですね↓
フロー図の最初
さいごまでかきます。
フロー図のおわり

ではパソコンでプログラミングしてみましょう

  1. パソコンのでんげんボタンをおします。
  2. Scratchをたちあげます。
  3. パソコンのがめんにScratchのなまえがはいったマークをマウスで2かいクリックします。
  4. マウス
    デスクトップ図_3

  5. 「つくる」のもじをマウスのひだりボタンでおします。
  6. デスクトップ図_4

  7. みどりいろのがめんをとじます。
  8. マウス
    デスクトップ図_5

  9. プログラミングがめんがでます。
  10. デスクトップ図_6

  11. ねこをうごかすためのきっかけとなる”はた”マークをつけます。
  12. デスクトップ図_7

  13. つぎにねこをうごかすコードをせんたくします
  14. デスクトップ図_7

    デスクトップ図_1

    マウス図

    ここで、こんかいやることは、”ねこをたくさんうごかすことです。”
    たくさんうごかすためには、”うごかすコード”にあるすうじをかえます。
    デスクトップ画面2_1
    このすうじは、キーボードからすうじボタンをおすことによりかえられます。

    ではやってみましょう。

  15. まずマウスのやじるしを、すうじのところにもってきます。
  16. デスクトップ画面2_1

  17. マウスのひだりボタンを1かいおします。
  18. マウス
    すうじのまわりが、すこしいろがかわります。
    ①そのすうじを「Delete}ボタンでけします。
    ②たくさんうごかしたいので、すうじボタンで、1と0と0をおします。
    つまり”100ぽ”ねこをうごかすということです。
    ③Enterボタンをおします。
    キーボード①

    こうなります
    キーボード①

    キーボードはすうじやひらがなをうつのにつかうものです。

ではプログラムを動かします。

”はた”をマウスで、やじるしをうごかし、ひだりボタンをおします。
キーボード①

ねこがみぎのほうこうにうごきました
キーボード①

プログラミングはせいこうです。

ここでふりかえりです。
さいしょにかいたフルーチャートをみてください
キーボード①

はたのマークをおすと、そのしたの”ねこをたくさんうごかす”のプログラムがうごき、ねこがみぎにうごきます。
フローチャートどおりのうごきをしました。

2.まとめ

ねこをもっとながいきょりうごかすときは、すうじを100から200など、おおきいすうじにすればよいです。
デスクトップ画面2_1

みなさんどうでしたか?
フローチャートは、うまくかけました?

ねこはうまくうごきました?

つぎのかいも、たのしくあそびましょう